銚子時間

「風土」と「地の利」を活かした産業 「風土」と「地の利」を活かした産業

黒生瓦

江戸時代末期、福井県から移住した柳屋が黒生から産出する粘土を利用し、瓦作りを始めたといわれ、当時、黒生瓦は三州瓦に匹敵するとの評判でした。市内には、今なお黒生瓦を葺いた住宅が僅かに残っています。(写真は外川の町並み)

他のエリアをみる