銚子時間

岬での暮らし 岬での暮らし

銚子大神幸祭

1102年(康和2)に銚子高神の高見の浦で大津波が発生し、これを鎮めるために東大社(東庄町)、豊玉姫神社(香取市)、雷神社(旭市)の三社が外川浜へ御渡したことが始まりです。1110年(天永元)までは毎年実施されましたが、その後は20年に一度行われ、今も受け継がれています。(写真は柴崎関所)

他のエリアをみる